瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

全てが嫌になるとき、自分が嫌いになる時の対処法

      2016/08/24

全てが嫌になる時自分が嫌いになる

全てが嫌になるとき、自身が嫌になった経験はありませんか?

 

僕はあります。

 

全て計画的に準備していたのに、ちょっとの手違いで何もかもがいっぺんにおこったときなど、

 

全てが嫌になり、何もかもほおり出して逃げ出したい気持ちになります。

スポンサードリンク


 

br_c_5196_2

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村

他のミニマリストブログを見る

全てが嫌になるのは誰にでもある

 

せっかく綿密に準備をしたり計画をたてていたのに、

 

いざ始めて見ると、スケジュール通り進まないことはよくあります。

 

特に仕事のときなど、ほとんど計画通り、思い通りに進まないことばかりです。

 

 

僕は小さな会社を経営していますが、何ヶ月も前から計画していた仕事が

 

突然キャンセルになったり、いきなり人が辞めたり、予期していない事態が起こります。

 

最近は、「こんなもんだ。」と慣れましたが、最初はショックで、

 

ワケがわからず、足掻いて悩んで、最後には何もかも嫌になっていました。

 

  • なぜ上手くいかないのだろう・・・。
  • あの時ああしとけばよかった・・・。
  • あんなに準備をしたのに・・・。
  • なんて自分はダメなのだろう・・・。

 

予定通りいかないのが当たり前

 

旅行や楽しいことは、スケジュールをきちんと組めば、予定通り進みます。

 

修学旅行やツアー旅行などがそうですよね。

 

 

しかし仕事に関しては、ほとんど予定通りに行きません。

 

仕事は自分だけでなく、必ず相手(人)がいるからです。

 

もしあなたが仕事が上手くいかず、全てが嫌になっているのなら考え方を変えましょう。

 

人が関わる事柄は、上手くいかなくて当たり前。

 

 

実際に、予定通りいかないことって,

色々な所でよくあります。

 

ご飯を食べに行ったら、たまたま臨時休業だったり、

 

電車に乗ろうとしたら、事故で電車が止まっていたり。

 

ね、予定通りいかないのが当たり前です。

 
 

スポンサードリンク




 
 

自分が嫌いになる人は真面目で勤勉家

 

全てが嫌いになって、自分が嫌いになるくらい落ち込む人は、

 

すごく真面目で、勤勉な人だからです。

 

上手くやろうとするから、綿密に計画をたて準備に準備を重ねます。

 

また一回失敗していると、今度こそはという意気込みから、

 

今まで以上に綿密に計画を立てます。

 

これがクセモノです!

 

 

 

真面目で勤勉家の人の予定の建て方

 

真面目で勤勉家だから。綿密に予定を立てます。

 

ちょっとの隙間も見逃さないくらい完璧にするために。

 

そんな予定は、予定と予定の間がギュウギュウに詰まっていて、

 

1つの失敗で、後のスケジュールが全て崩れてしまいます。

 

まるで予定のドミノ倒しのように・・・・。

 

なので、予定を立てる時は、自動車の車間距離のように

 

ある程度間隔をあけれるように作ることが大切です。

 

そうすることで、もし何か起きても、後に響くことはなくなるからです。

 

 

予定をたてる時の秘訣は、はずせない要所だけを決め、

 

あとは大雑把に作ることで、予定通り終わらせる事がでる。

 

 

全てが嫌になる:まとめ

全てが嫌になって、自分が嫌いになる時は、予定通りに、いっていないときです。

 

 

そんな事は、この世の中で当たり前のこと。

 

予定通り行かないのなら、それを見越したうえで予定をたてたら、うまくいきます。

 

ぜひお試しください。

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

↓↓

>> 落ち込んだときにシンプルに考え道をひらく5つの方法

 

シェアしていただけると助かります。

 - 落ち込んだ時 ,