瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

仕事が嫌になるときは、人のせいにしてしまう法則

      2016/08/23

全てが嫌になるときは、人のせいにする法則

今、こんなになっているのは、あの上司のせい、あの人と一緒にいると、何もかもやる気がでない・・・。

仕事が嫌になっているのは、アイツのせい、アイツさえいなければ・・・。

 

人間て、仕事が上手くいかなくなると、どうしても人のせいにしてしまいますよね。

特に上司が無能だと、やる気がでなくなります。

もっといい上司がいれば、自分はバリバリ働けるのに!

 

私もそうでした。(苦笑)

今回は、仕事が嫌になるときは、人のせいにしてしまう法則についてお話します。

スポンサードリンク


br_c_5196_2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村

他のミニマリストブログを見る

 

自分のやる気は、人に左右される?

 

あなたのやる気って、環境に左右されていないでしょうか?

とくに仕事に関しては、上司をリーダーとしてチームで動きます。

そんなとき、無能な上司だと、やる気が起こらないと思っていませんか。

なんなんだアイツは、○○さんが上司だったら、もっと自分もやる気が出たのに・・・。

みたいな・・・。

 

いえいえ、ちょっと待ってくだください!

 

本来やる気って、人に左右されないものです。

ですので、やる気が出ないのを人のせいにしている人は、たとえ望んだ上司の下でも、同じことの繰り返しです。

 

 

本当にやる気のある人は、例え嫌いな上司の下でも、バリバリ仕事します。

上司が無能とか、関係なく、自分でやる気スイッチを入れます。

やる気は、自分しだいということを知っているからです。

 

ですから、環境や人、時間などに左右されません。

 

人のせいにしていると、永遠にやる気がおこらない。

 

マザー・テレサを御存じでしょうか?

カトリック教の修道女であり、社会活動家です。

そんなマザー・テレサが、こんな言葉を残しています。

 

リーダーシップがある指導者をまっていてはいけない。一人でもやるのです。

 

やる気が出ないのを、人のせいにしてはいけないのです。

「勉強ができないのは、親のせい」

「周りが怠けているから、自分も怠けよう」

「こんな世の中では、やる気になれない」

 

自分がやる気が出ないのを、人のせいにしているうちは、いつまでたっても、やる気なんて出てきません。

一生、グチグチ、人の悪口を言うだけで、前に進まず止まっているだけです。

 

 

やる気に満ちた人になるために

 

そんなことをいっても、やる気になんて、なかなかなれないよ。

と思うかもしれません。

そんなときは、やる気を強制的に出す方法を試してみましょう。

 

スポンサードリンク




 

外的統制

 

外的統制とは、外的な要因で自分の気持ちをコントロールすることです。

例えば、受験生が夏休み塾の合宿に参加することなどが、外的統制になります。

合宿にいくと、スケジュールで、なかば強制的に勉強するようになります。

 

また、自宅で仕事をしている人が、自宅ではやる気が出ないので、スタバでコーヒーを飲みながら仕事をするのも、外的統制になります。

自宅は、好きなようにできるので、外的統制が効きませんが、スタバの場合、周りの目があり、それが外的統制になります。

 

よくいますよね、スタバでノートパソコンを開いて、仕事している人が。

人が見ているところで、怠けるわけにはいかない。

一生懸命働いている姿を、周りに見せないと、そんな意識が働きます。

これらが外的統制です。

 

ですので、やる気が出ないときは、外的統制を自分なりに工夫して、やる気につなげていくことができます。

 

 

内的統制

 

内的統制とは、自分の意志のみで、やる気をコントロールすることです。

人から命令されたり、外的統制をうけなくても、自分の意志によって、仕事や物事に取り組んでいくことができます。

 

歴史に名を残すような人は、例外なく内的統制の能力が優れている人です。

しかし、この内的統制は、自分で何とかできるものではありません。

育ってきた環境・性格が左右します。

 

また、この内的統制が強い人は、物事の失敗に対して落ち込みやすいという欠点があります。

上手くいかなかったのは、自分の努力が足りなかったから、と考えるからです。

つまり、全ての事柄を自分自身に結びつけて考えるので、深く考え落ち込み、やる気を失うのです。

 

小説家の北条民雄は、

「意志の強い人ほど、それに比例して絶望も大きい」と言いました。

内的統制の強い人ほど、自分の責任を強く感じ、深く落ち込むということです。

内的統制が強い人は、失敗したときは、「こんな時もあるさ」みたいに、軽く考えていきましょう。

 

 

まとめ

 

何でも人のせいにしていると、自分自身のやる気が出てきません。

やる気は、自分しだいで、どうにでもなるものです。

人のせいにしていると、ネガティブな感情が高まります。

ネガティブは、どんどんやる気をなくしていきます。

 

反対に、やる気はポジティブです。

ポジティブは、どんどんやる気を起こしてくれ、いいことがたくさん起こります。

仕事が嫌になるときは、人のせいにしてしまわず、自分しだいでどうにでもなるので、ポジティブに考え、進んでいきましょう。

仕事が嫌になるときは、人のせいにしてしまう法則は以上になります。

 
この記事を読んで人は、こんな記事も読んでいます。

↓↓

全てが嫌になるとき、人は生まれ変わるチャンス

シェアしていただけると助かります。

 - 仕事辞めたい, 落ち込んだ時