瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

ニートの30代40代が就職する為に、意識するべき事

   

ニート30代40代のバイト

 

最近は1億総活躍と言われていますが、非正規社員が増え、どんどん雇用状況が悪化しています。

また、それに伴い30代40代のニートと呼ばれる人も増えました。

一度ニートになると、現状から復帰するのは難しいといわれています。

 

今回は、”ニートの30代40代が就職する為に、意識するべき事”についてお伝えします。

スポンサードリンク

 
br_c_5196_2 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村

他のミニマリストブログを見る

 

年齢で負い目を感じない

ニート生活を長くおこなっていると、社会からとりのこされ、全てに対して負い目を感じてしまう。

これは、ニートだった私の知り合いが、最近就職をして、久しぶりに合った時に教えてくれた事です。

 

彼の名前はJ。

 

ニート生活を15年以上おこない、そのニートから見事に就職した人物です。

彼は最近、ニートのためのブログを書きはじめました。

30代ニート・フリーターに「正社員は無理」とかマジ迷信だぞw

 

自分が経験したことを、自分の思いのまま綴っています。

そんな彼が言っていた言葉で、

「ニートで負い目を感じていたら、就職なんてできないよ。今からが俺のスタート」

私は、この言葉を聞いて感動しました。

 

よく何か事を起こすときには、何かを捨てなければいけないといいます。

まさに友人Jは、この言葉を実行しています。

新たな人生を始めるのに、今までのニート人生は不要です。

今までの人生を全て捨て、新たなスターをきりました。

 

またニートで年齢を重ねていくと、年齢に対して負い目を感じ自信がなくなるとも言っています。

確かに、同年代が社会でバリバリ活躍しているのに、自分だけ何もしない。

気がつけば、もう30代、あと数年で40歳となってくると不安になります。

 

また就職しようと面接に行っても、若い面接官に面接され、ますます落ち込みます。

これは年齢からくる負のスパイラル。

自分の年齢に負い目を感じていると、気持ちが落ち込み何もできなくなります。

なので、仕事の時は今までの人生(年齢)は忘れ、会社で一番若い新人としてスタートをきりましょう。

 

世の中は、縦社会のルールが存在します。

年齢関係なく会社での立場で、自分の立ち位置が決まります。

しかしそれは会社の中だけでの話、一度外に出れば年齢で縦社会が形成される世の中です。

 

年齢で負い目を感じていては、この社会でも生活ができなくなります。

せっかく社会は年齢の縦社会なのに・・・。

 

だから年齢を自分の経験値として自信をもてば、社会生活は普通に送れるということです。

これに気がついた人は、40代のニートであっても人生のスタートは可能です。

 

 

仕事中の会話に意識する

いざ仕事をはじめると、上司や同僚、またはお客さんとの会話が必要になってきます。

製造系の仕事なら、会話を余りしなくていいですが、それでも必要最小限のコミュニケーションがいります。

 

ここで1つ注意点

仕事の時の会話は、TVで流れている、みんなが知っている話題を話しましょう。

そうすることで、相手も会話をつなげてくれますので、話を続けることができます。

 

反対にしてはいけない会話は、

自分の趣味の話です。

友人のJも言ってましたが「ニートの常識は、世間の非常識

なので、ニート仲間で話題に上がるような内容の話はNGです。

相手との会話が続きませんからね。

 

これを意識することで、仕事を円滑に進めていくことができます。

 

 

自分のニート時代の話を面白く話す

 

仕事にもなれてくると、1人や2人あなたに興味を持つ人がでてきます。

そんな時に、過去の自分の話題になったら、ニート時代の話を、面白く話しましょう。

 

あなたのニートという経験は、世間では少数派です。

ですから皆、あなたのニート生活を聞きたいのです。

しかし、その生活を暗い重たい感じで話してしまうと、相手が聞かなければよかった思ってしまいます。

自分が辛かった経験も、笑いながら話すことで、相手が嫌な気持ちになることがなく、反対にあなたの協力者になってくれます。

 

これは友人のJと話して、私が感じたことです。

Jはニート時代のことを、面白く話してくれますが、とても辛かったのだとわかります。

そんなニート時代の話をきくと、jがなにか困ったら、自分にできることがあれば相談に乗ろうと思います。

いくら口では明るく振る舞っても、無理をしている所もありますからね。

 

ニートの30代40代が就職する為に、意識するべき事:まとめ

 

あなたが、自分はダメだ、自暴自棄になった態度をとると、周りがあなたをそういう目で見ます。

反対に、ニートの経験を受け入れ、新たなスタートをきる前向きなあなたを見ると、応援してくれます。

ニートが就職する為に、意識するべきことは、今までの自分の人生を恥じず、それをいい経験ととらえ、前を向いて進むことです。

これを教えてくれたJに感謝します。

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

↓↓

30代ニート・フリーターに「正社員は無理」とかマジ迷信だぞw

 

 

 

 

シェアしていただけると助かります。

 - 人生を変えたい ,