瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

もう嫌だ!何もかも嫌になった時の運命を変える意識

      2016/08/24

もう嫌だ全てが嫌になった時の対処法

 

もう嫌だ!

 

何もかも嫌になって、今の自分の人生を変えたいと思ったことはありませんか?

 

今の現状から逃げ出し、人生を変えたい、運命を変えたいと思う事は多くあります。

 

しかし何をしていいか分からない・・・・。

 

 

僕も20~30代の頃は、現状を変えたくて、もう嫌だ!とイライラしていました。

 

仕事もパチンコ屋、焼き鳥屋、引っ越し、ガソリンスタンド、工場の仕分けなど、

 

バイトを転々し生活していました。

 

1人ならこれで充分なのですが、家に帰ると、嫁さんも子供もいます。

 

こんな生活では、この先の人生が不安でたまりませんでした。

 

 

「俺ってなんてダメなんだろう、もうこんな人生は嫌だ!何とかしたい!」

 

何度そんなこと思ったか、わかりません。

 

 

しかし、そんな僕も2012年2月に会社を立ち上げ、起業することができました。

 

自分の人生・運命を変えたいと本気で思い行動したからです。

 

そんな昔の僕と同じように、人生を本気で変えたいと思っている人に

 

運命を変える為に意識しないといけない事を、お話したいと思います。

スポンサードリンク


 

br_c_5196_2

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村

他のミニマリストブログを見る

変わるために:今までの自分を捨て、なりたい自分を意識する

 

子供の頃、将来自分がなりたい夢があったと思います。

 

プロ野球選手、パイロット、警察官、パン屋さん・・・・。

 

僕の場合は、学校の先生でした。

 

学校の先生になるために大学に進学し、勉強しました。

 

しかし大学を中退し、学校の先生という夢がなくなり、生活するために仕事を始めました・・・。

 

その結果が、バイトでただ何となく食いつなぐ、フリーターという人生です。

 

 

 

もしあなたが、運命を変えたい、人生を変えたいと本気で思っているのなら、

 

今までの自分を捨て、将来の自分だけを思い描きイメージしてください。

 

 

変わるために:無駄な時間を捨て、時間を意識する

 

なりたい自分がイメージ出来たでしょうか?

 

イメージ出来たら、その自分になるために、こんどは時間を意識しましょう。

 

時間はお金より大切です。

 

お金は働けば手にはいりますが、時間は減ることはあっても増えることはありません。

 

人間は死という、時間の寿命が決まっているからです。

 

 

そんな時間を上手く使うためには、「8:2の法則」知っておかないといけません。

 

簡単に言うと、10あるうちの2が、とても大事な役割をはたすということです。

 

 

この「8:2の法則」は時間にも当てはまります。

 

  • 1年のうちの73日間、1ヶ月なら6日間、1日24時間なら5時間。

 

あなたが使っている時間も、8は無駄な時間で2が大事な時間です。

 

なので、この無駄な時間8を捨て、できた時間で、なりたい自分のために使ってください。

 

1時間でも2時間でも、無駄な時間は捨て、大事な時間を作ってください。

 

そんな時間は無いと言う人がいますが、時間は作るものです。

 

今自分が無駄に使っている時間を捨てることで、時間は作ることができます。

 

歴史に名を残す偉人達は、睡眠時間が約4時間でした。

 

後の時間は、自分のために使っていました。だから歴史に名を残したのです。

 

 

変わるために:今までの人間関係を捨て、付き合う人を選別する

 

僕が今の自分に変れたのは、自分が目指す職業の人が集まる環境へ身をおいたからです。

 

人は、付き合う人や環境によって変化します。

 

僕は会社を起こすために、会社の社長や経営者が集まるところへ顔を出しました。

 

会社を立ち上げて自分で仕事を作るのだから、そんな人の近くにいないといけないと思ったからです。

 
 

スポンサードリンク




 
 

あなたが人生を変えたいと思っているのなら、今までの人間関係を捨て、

 

付き合う人を意識して選別する必要があります。

 

同僚と仕事の愚痴を言いあいながら、グダグダお酒を交わす、

 

一時的なストレス発散にはなりますが、そこからは何もなく、現状は変わりません。

 

 

自分の人生を変えるためには、作った時間を、大学や市民会会館で開催されているセミナーや、

 

クラシック演奏会、美術館、図書館など、人脈作りと、教養に当てる必要があります。

 

 

人生・運命を変えるには、周りの環境、人付き合い、考え方を一変しなくてはならないからです。

 

スポンサードリンク




 

運命を変える一歩は自転車と同じ

 

自分の今までの運命をかえ、人生を変えることは誰にもできます。

 

強く思い、行動すればいいだけです。

 

しかし、やる気になって行動しても、途中で諦めて、もとの人生に戻ってしまう人がいます。

 

それは止まっている自転車を動かすのと同じで、最初の一歩がとてつもなくパワーがいるからです。

jitensya

止まっている自転車を動かすためには、最初パワーがいります。

 

そこから頑張ってペダルを漕いでいると、徐々にスピードがあがり力が要らなくなります。

 

運命を変える行動をする時も同じです。

 

最初の一歩は、何も知らない環境に飛び込むので辛くシンドいです。

 

また目に見えた成果もなく、自分の運命が変わっている実感もありません。

 

それでも、頑張ってその環境に身をおいていると、

 

いつの間にか居心地が良くなり、物事が進んでいくようになります。

 

運命を変えるには、最初の一歩を踏みだし、持続する事が大事です。

 

まとめ

 

自分の人生がもう嫌だ!運命を変える方法は

  • 時間を作る
  • 環境を変える
  • 人付き合いを変える
  • 行動し持続する

これが出来れば、今からでも運命・人生を別方向へもっていけます。

 

あなたの運命が良き方向へ向かうことを、祈っています。

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

↓↓

落ち込んだ時にシンプルに考え道をひらく5つの方法

 

シェアしていただけると助かります。

 - 人生を変えたい, 仕事辞めたい ,