瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

国民健康保険を滞納した話。時効と分割納付

   

国民健康保険を時効を狙って滞納した話

国民健康保険って、支払いが苦しい時がありますよね。

僕も一時期、国民健康保険の支払いが苦しく困っていた時があります。

そのとき国民健康保険を滞納していました。

国民健康保険の支払いで困っている人に、僕がどのような経緯で、国民健康保険を滞納し、今に至るのか、お話ししたいと思います。

スポンサードリンク


 
 

国民健康保険料が高い

国民健康保険料って高いですよね。

国民健康保険料は、年収によって保険料が変わるので、ある一定の収入まで家計に重くのしかかってきます。

しかし、ある一定額を超えると、国民健康保険料には上限が設定されているので、稼げば稼ぐほど保険料負担がなくなる仕組みになっています。

おかしな仕組みですよね・・・。

しかし、いくらオカシイと言ってもどうにもなりません。

僕みたいに中途半端な収入は、国民健康保険料に苦しまされ払うしか無いのです。

 
 

スポンサードリンク




 
 

国民健康保険料を滞納すると

国民健康保険料を滞納すると、各市町村の国保担当から督促状が送られてきます。

督促状が送られてきても、ないものはないので払えないですよね。

すると「短期被保険者証」が送られてきます。

これは、有効期限が数ヶ月の短いものです。

この短期保険書で1年くらいはいけますが、そのまま未納だと、真っ白の資格証明書が送られてきます。

国民健康保険資格証明書というものです。

最初これを見た時は、なんだろう?と思いました。

国民健康保険の資格証明書

国民健康保険の資格証明書とは、簡単に言うと国民健康保険の資格はありますが、病院などの治療費は全額自己負担してくださいという通知書です。

なので今まで病院で3割で治療できていたのが、これからは10割全額を払わないといけなくなります。

これを見た僕は、エッとなりました。

自分だけならいいですが、子どもが小さく病院によく行きます。

しかし10割負担だと、今までの×3倍の値段になってしまいます。

 

市町村の国民健康保険窓口へ相談

僕は資格証明書が送られてきて、慌てて市役所に行きました。

そこの国民健康保険窓口で、

「国民健康保険料が家計を圧迫して払えない」

ということを話しました。

窓口で話すとき僕は、前年度の収入がわかるものと、家計の全ての支払い明細書をもっていき、事細かに現状を話しました。

「この状態で、どうやってこの額の保険料を払えるんだ!」


 

国民健康保険料の分割納付

キチンと今の現状を伝えることができ、窓口の担当者が国民健康保険料の分割納付の提案をしてきました。

国民健康保険料の分割納付とは、今まで10回で払って国民健康保険料を20回とかの分割納付にするものです。

倍の回数になるということは、1回の支払い額が半分です。

しかし、残りの半分は残りますし、また次の年の支払いがのし掛ってきます。

これって、どうなると思いますか?苦笑

 

国民健康保険料の分割納付の残りの半分

分割納付は、残りの半分が次の年に繰り越され、のしかかってきます。

しかし、それを払うと今の国民健康保険料が払えなくなります。

なので原則、国民健康保険料の徴収は、今の保険料徴収が優先されます。

言い方をかえると、国民健康保険料を半分払っていれば、残りの半分は溜まっていきますが、保険書は繋げれるということです。

短期の保険証になりますが、全額負担の資格証明書よりもましです。

残りの半分の保険料は、年々溜まり続けますが、自営業の方なら、多く稼いでゆとりが出た時に払えばいいです。

よく国民健康保険料には時効があると言われていますが、時効の延長があります。
 

国民健康保険料の時効の延長

(1)督促状の送付  送致後10日経過した日が時効起算日に再設定
(2)最終納付日  各期別ごとに最終納付日が時効起算日に再設定(同じ年でも納付期限が違えば別に考える)
(3)滞納額の確認を行った日  滞納額の確認し確認書に署名した日が時効起算日に再設定(分割納付誓約に添付される明細を確認して誓約書に記名した場合)
(4)差押を行った日  差し押さえ日が時効起算日に再設定

この上記の日から、時効成立まで何も請求されなければ時効が成立します。
 

まとめ

国民健康保険は家計の負担になります。

そんな時は、早めに各市町村に相談行くべきです。

何もせずに、ズルズルと滞納していたのでは、あとあと自分を苦しめてしまいますからね。

国民健康保険は、払う意志を伝え、今より稼げるようになったら払えばいいと僕は思います。

だれでも苦しい時期があるのが人生、だからその苦しい時にどうするかが大事です。

僕の経験が、あなたの参考になれば嬉しいです。

シェアしていただけると助かります。

 - お金に困ったとき, 国民健康保険, 落ち込んだ時