瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

需要と供給、図と動画でわかりやすく解説。

   

需要と供給、図と動画でわかりやすく解説。

需要と供給って、よく耳にしますが、きちんと理解できている人はどのくらいいるでしょうか?

いまさら人に聞けない、需要と供給について、わかりやすく解説します。
 

スポンサードリンク


需要とは?

需要=買いたい人(消費者・消費数)

欲しい物があっても、値段が高いと、買う人が少なくなり、需要が少なくなります。

反対に、値段が安いと、多くの人が買うようになり、需要が多くなります。

需要が上がる=買いたい人が多い↑

需要が下がる=買いたい人が少ない↓

 

供給とは?

供給=売りたい人(生産数)

売りたい人は、物を作っても安い値段なら、儲からないので、物を作らなくなり、供給量が下がります。

反対に、高い値段で売れるなら、もっと作ろうとして、供給量が上がります。

供給が上がる=生産数が多い↑

供給が下がる=生産数が少ない↓

 

値段は、需要と供給できまる

需要と供給、図と動画でわかりやすく解説。

物の値段は、需要と供給できまります。

値段が下がると、需要(A')が増えます。

しかし、多くの人が買おうとしますが物がありません。

供給がなくなるからです。

反対に値段が上がると、供給(B)が増えます。

しかし、高い物が多くあっても、買う人がいません。

需要がなくなるからです。

このバランスが取れているのは、需要と供給が交わる所です。

Cの場所は、需要と供給のバランスが均等で、買い手(需要)も売り手(供給)も同じです。

よって値段はここで決まります。

値段は、需要と供給のバランスの取れたところで決まる。


 

高級ホテルのコーヒーが1杯1000円の原理

高級ホテルや、お金持ちの集まるドバイなどでは、1杯のコーヒーが1000円します。

スターバックスで1杯300円前後で飲めるコーヒーが、なぜ1000円もするのでしょうか?

もうわかりますよね。

1杯のコーヒーが1000円なのは、需要と供給の関係で説明がつきます。

高級ホテルや、お金持ちの集まるドバイなどでは、1杯1000円のコーヒーでも、飲みたいという需要があるからです。

だからコーヒー1杯が1000円という値段で、供給されます。

値段は、物の価値ではなく、需要と供給のバランスで決まります。

スポンサードリンク


ブームの時のプレミアム価格の原理

ひと昔前、たまごっちが1個数万で取引されていた時期がありました。

1個1000円前後の商品が、20倍以上の値段です。

またバブル時代、数百万で買った土地が、数千万に値上がりしました。

これらも、需要と供給の関係で説明がつきます。

供給量が少ないのだけど、需要が多く、高くても欲しい人が多いので、値段が上がります。

しかしブームが終わったり、バブルが弾けると値段が一気に適正価格までもどります。
プレミアム価格 需要と供給の関係

日本の景気は需要と供給でわかる

景気が良くなった、景気が悪くなったは、需要と供給の関係です。

商品を欲しい人が多くいれば(需要多)、企業は多くの商品を作ります。(供給多)

その結果、物がよく売れお金がまわり景気が良くなります。

しかし、商品が多くあるのに(供給多)、欲しい人が少ないと(需要少)と、商品が売れずお金が回りません。

景気が悪い時は、この状態です。

この状態の事を、需給ギャップと言います。

需要と供給の間にギャップがあるということです。

ちょうど、プレミアム価格の反対の位置です。

景気が悪い時の 需要と供給の関係

商品がたくさんあるのに、欲しい人が少なく商品が売れないと、工場がとまります。

工場が止まると、そこで働く人の仕事がなくなり、失業者が増えます。

失業者が増えると、ますます商品を買う人がいなくなり、景気が悪くなります。

これを回避するために、国は供給を調節したり、需要を増やしたりします。

うまくバランスがとれると、経済がうまくまわります。

まとめ

値段が下がると、需要(欲しい人)が増えます。

値段が上がると、供給(商品量)が増えます。

需要と供給のバランスで、物の値段が決まります。

需要と供給のバランスがとれると、景気がうまく回ります。

以上が、需要と供給です。

シェアしていただけると助かります。

 - 知識