瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

いつから消費税10%になり、どこまであがるのか?

   

いつから消費税10%になり、どこまであがるのか?
消費税10%は2017年4月になります。

しかし今の経済状態では、消費税10%を2017年4月に行うことは難しいのではないかと思います。

1部の情報では、再延期の可能性があるという話もあり、実際に2017年4月になってみないとわかりません。

消費税は一体どこまで上がるのでしょうか?

これからの生活に大きく影響する消費税、しっかりとどういうものか、もう一度確認しておきましょう。
 

スポンサードリンク


 

日本の借金1,049兆円

今の日本は、急速に少子化が進行しています。

2011年の統計で、合計特殊出生率を1.39という数字を出しました。

これは、人口を維持するために、必要と言われている2.1を、大きく下回っています。

また高齢化も加速し、高齢化率は世界一の25% 、国民の約4人に1人は65歳以上ということになります。

2005年には出生率と死亡率が逆転し、日本は、人口減少社会へと突入しました。

少子高齢化が進むと、年金や社会保障費の負担が増大します。

また高齢者が増えると必然的に医療費は増大します。

年金も、高齢者が増えるだけで、若い世代に保険料の負担が重くのしかかります。

国の予算の一般歳出に占める社会保障関連の割合は51.5%26兆3,901億円。

この社会保障関係費は、毎年1兆円ずつ増えていくと言われています。

その結果、日本の借金が1,049兆円という額になりました。

スポンサードリンク



 

消費税の増税で社会保障費をまかなう

この膨れ上がった社会保障費をまかなう手段の1つとして、消費税の増税があります。

なぜ社会保障費を、消費税で賄う必要があるのでしょうか?

それは消費税のような間接的な勢は、景気の動向に左右されにくいという特徴があるからです。

景気が悪くなると、企業の利益が減るので法人税収が減ります。

また、そこで働く社員の給料も減るので、所得税も入ります。

しかし、景気が悪くなったからといって、買い物をやめたりはしません。

なので消費税はあまり落ち込まず、安定した収入が見込めるからです。

そこに目をつけた国が、社会保障を維持するために、財源として消費税が選ばれました。
 

世界では消費税25%の国も

世界には、消費税が25%国も多くあります。

高負担高福祉の政治を行っている北欧諸国は、スウェーデン、ノルウェー、デンマークは消費税25%です。

ドイツは19%、イギリス・フランスは20% 、イタリアは22% 。

日本は、 2012年の野田内閣時代に、消費税を2014年4月に8% 、 2015年10月に10%にあげると法律を決めました。

しかし、この法律には景気条項というものがあります。

景気条項というのは、消費税を引き上げる時に、その時の経済状況を見て、景気が悪化しないかどうかを判断した上で決めるというものです。

2014年11月に安倍総理は、日本の経済がまだ成長軌道に乗っていないと判断し、消費税引き上げの18ヶ月延期を決めました。

これにより、消費税は2017年4月10%引き上げる見通しになりました。
 

10%に増税しても充実しない社会保障

政府は消費税の増税分を、社会保障費に使うと言っています。

それを聞くと、ほとんどの人は社会保障を、充実させるために消費税を上げるのだと勘違いしています。

しかし増税分は、今の社会保障を維持するために使うだけです。

なので、充実するどころか、それでもまだ足りないのが現状です。

今の社会保障を維持しながら、財政赤字が増えないようにするために、最終的に消費税は、 最低17%必要と言う計算が出ています。

また社会保障の充実を考えたときには、消費税は20%にしないと間に合いません。
 

まとめ

日本で、社会保障費の拡大を図るためには、まだまだ消費税があがらないと回らないのが現状です。

しかし、僕は消費税10%というのはすごく抵抗があり、反対です。

確かに社会保障の充実は必要だと思いますが、本当にキチンと社会保障に使われるかわからないです。

消費税が10%上がり、税収が増えると、税金の不透明な支出が増え、税金の無駄遣いがおこり、国のために働くのではなく、自分のために働いている人が多いと感じてしまいます。

霞ヶ関の官僚・日本全国の議員・市町村の公務員など、全てが、私達の大切な税金を使っていると、もう一度認識して、仕事して欲しいです。

それを感じることができれば、消費税が何%に上がろうが、ゆくゆくは自分の為になるのだからと割りきって、税金を納めます。

北欧諸国が、消費税25%を文句も言わず払うのは、将来の安心感を、身近に感じることができるから。

日本も、ただお金がないから消費税を上げるのではなく、老後の安心感をキチンと示してから、消費税を上げて欲しいものです。

2017年4月に、消費税10%になるのかどうか、静かに見守りたいと思います。

シェアしていただけると助かります。

 - 知識