瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

インフレとは?マイナス金利とは?わかりやすく解説。

   

インフレとは?マイナス金利とは?わかりやすく解説。
インフレとは簡単にいうと物価が上っていくことです。

需要と供給の関係で、欲しい人が多ければ、物の値段が上がります。

物の値段が上がると、さらに上がるかもしれないから今のうちに買っておこう、という人が増えていきます。

すると多くの人が、早め早めに物を買うようになり、お金が流動するようになります。

その結果、経済全体が膨らんでいき、経済が活性化していきます。

高度成長期の日本が、まさにこの状態でした。

これがインフレです。
 

スポンサードリンク


今の日本はデフレ

今の日本はデフレ状態です。

デフレは、モノの値段が下がっていき経済が失速していきます。

>> デフレとは?

デフレスパイラルに陥ると、どんどん生活は苦しくなり、経済格差が広がっています。

このデフレ状態を脱却するためには、インフレにしないといけません。

その為日本は、物価上昇率2%(インフレ)にすると目標設定しました。

この目標設定を、インフレターゲットといいます。
 

インフレにするために政府がとった政策

物価上昇率2%にするためには、どうしたいいでしょうか?

需要と供給の関係で、需要が多くなれば物価はあがります。

需要を多くするためには、給料があがり、お金にゆとりがあるようにしないといけません。

これに対して政府がおこなった対策は、マイナス金利政策です。

マイナス金利をとりいれ、インフレにしようというものです。
 

マイナス金利とは?

マイナス金利と言ってもピンと来ないかもしれません。

簡単に言うと、マイナス金利とは、銀行にお金を預けると、お金が減ると言うことです。

いままでは銀行にお金を預けると、利子がつき増えていました。

銀行にお金を預けると、利子がつき増えていました

しかしマイナス金利になると、銀行にお金を預けると、今までもらっていた利子を、今度は反対にとられるようになります。

結果、銀行にお金を預けると、お金が減っていきます。

マイナス金利

これがマイナス金利政策です。

マイナス金利だから、銀行にお金を預けないほうがいい?

マイナス金利は、個人に対しておこなうのではないので、私たちは今まで通り、銀行に貯金をしても大丈夫です。

マイナス金利は、日本銀行(銀行の銀行)にお金を預けている、各金融機関(銀行)が対象になります。

スポンサードリンク



マイナス金利の狙い

各金融機関は、今まで日銀にお金を預けていると利子がついていました。

預けていただけで、お金が増えていました。

しかしこれからは、お金を預けると利子を支払わないといけなくなるので、お金が減ります。

それならば、お金を企業に貸し出しをしたり、投資に回したりした方がいいので、各金融機関がお金を市場にだします。

その結果、中小企業などにお金が回るようになり、景気を刺激する事ができます。

そうなると、そこで働く人の給料が上がり、今までよりお金をつかうようになります。

すると物価が上昇し、インフレになるというものです。

それがマイナス金利の狙いです。

マイナス金利の狙い

まとめ

今現在、マイナス金利を導入して成果がでているのかというと、目に見えて効果があるようには思えません。

また政府・日銀は物価上昇率2%目標(インフレ・ターゲット)を、2016年後半から2017年前半へ後ろ倒しにしました。

元日銀副総裁岩田さんは、自宅のタンス預金コストは、盗難や紛失のリスクを考えて約2%ぐらい、そう考えると、マイナス金利-2%ぐらいまでは可能性的にあるのではないかと言っていました。

今後、マイナス金利がどのようになるか?注目したいと思います。

シェアしていただけると助かります。

 - 知識