瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

嫌いな人と付き合わない付き合い方、人間関係の有効期限。

   

嫌いな人と付き合わない、人間関係の有効期限。
世の中には、本当に悪い人なんて滅多にいません。

たいていはいい人で、誰とでもいい友達になれます。

しかしこっちがいい人だと思っていても、人間関係が崩れてしまい、もうあの人はうんざりだ、もう耐えられないという気持ちになってしまうことがあります。

そういう時は、無理に関係を修復しようとするのではなく、しばらく距離を置いて、会わずにいる方が無難です。

会ってしまうと腹立たしい気持ちが先行し、ちょっとした動作でも腹が立ってしまいます。

それよりも、すーっと相手の前から姿を消し関係を断ってみたらどうでしょうか。

嫌いな人と、付き合わないという付き合い方。

人間関係には有効期限があります
 

スポンサードリンク


人間関係には有効期限がある

どんな人間関係にも、役割と有効期限があります。

すべての出会いに意味があるとしたら、出会った人と一生お付き合いをできるわけではありません。

どんなに仲良くなっても、お互いの目的を達成したら、二度と会わない関係になってしまうこともあります。

結婚していたパートナーとでさえ、別れてしまったら二度と合わないということもあります。

親、兄弟の関係でも、絆がなければ、必要なときだけに付き合う感じで終わってしまいます。

中には絶縁してしまう人もいます。

人生の中で通過儀礼のように出会う人、ほどほどの距離で付き合う人など様々です。

しかし、その時々の自分に必要な存在です。

世の中には目先のことだけを考えて、便宜上だけの人間関係だけで生きているような人がいます。

そんな人と仲良くなっても、その場しのぎの関係になり、その人との人間関係の有効期限は、経験上短いです。
 
僕自身は、人間関係を3年を目安にしています。

例えば恋愛だと、宙ぶらりんの状態が1年間続いたら、その関係を止めてしまうことを考えます。

それが3年続いたら、きっぱり自分には必要ない関係と決めてしまいます。

これは、物を処分する時にも言えることです。

1年使わなかったら、ほぼいらないもの、そして3年間使わなかったら必要ないものとして捨てます。

こうすればいらないものが増えていかいきません。

本当に必要ならまた買えばいいです。

人間関係も同じで、本当に必要なら、必ずご縁があります。

1年間無意味だったものは、ほぼ一生無意味なままです。

またいつか意味がわかったときには、1からやり直せば良いだけです。

自分に意味のなくなったもの、お互いに役割を果たせなくなった関係は、有効期限が切れてしまったものです。

スポンサードリンク


無理に相手に合わせる必要は無い

人間誰でも、自分にあう人、合わない人っていうのはあります。

自分に合う人は、一緒にいても居心地が良いし、楽しいです。

しかし反対に、自分に合わない人って言うのは、一緒にいても何か落ち着かないし、相手の動作一つ一つが気に触ります。

そういう人とは、根本的に合わないのです。

ご縁がないのです。

ですので無理に相手に合わせて、我慢して付き合う必要はありません。
 

職場の嫌いな人とは必要最小限の連絡だけはする

嫌いな人とは、連絡をしたり会ったりという事はしない方がいいですが、一つだけ約束事があります。

それは、自分が嫌いといっても、仕事の関係で連絡を取らないといけないことがある時です。

あの人は嫌いだからと、大事な仕事の話すらしない人がいます。

その場合、あなた自身はいいかもしれませんが、あなたの周りにいる人、また同僚に迷惑がかかってしまいます。

社会人として、必要最小限の連絡だけは、するようにしましょう。

>> 職場の嫌いな人と接する為に、感情を捨てる方法
 

まとめ

嫌いな人とは、付き合わないという付き合い方があります。

また、人間関係には有効期限があります。

今あなたがダメだと思ってる相手と、無理に合わせ付き合おうとすれば、必ずうまくいきません。

自分が嫌いな人は、相手と自分だけのことです。

だから周りに迷惑をかけず、付き合わないという付き合い方をすればいいのです。

変に、うまく付き合わないといけないという考えは、自分自身を苦しめてしまいます。

そうならない為に、付き合わないという付き合い方を是非試してみてください。

シェアしていただけると助かります。

 - 仕事辞めたい, 全てが嫌になる, 落ち込んだ時 , , ,