瀬戸内肩こり社長のミニマリスト思考

瀬戸内で社長業をする肩こり持ちの管理人が、ミニマリスト思考で人生を快適に過ごすための秘訣と経験を書いています。

愛媛国体2017のイメージソングの歌詞がいい

   

愛媛国体2017のイメージソングの歌詞がいい
2017年愛媛国体が開催されますが、そのイメージソングの歌詞がいいです。

全てが嫌になった時や、人生にで思い悩んでいる時など、つらい時に元気づけてくれます。

スポンサードリンク


 

えひめ国体イメージソング歌詞

えがおは君のためにある

1.

君に出会うためここまできたんだ
しまなみの風に誘われて
みんなの夢を受けたからだに
輝くオレンジの太陽

空を見上げて明日を想うとき
自分を信じられずにうつむいた
知らず流した涙のその先に
答えをみつけた

勇気だして怖がらずに踏み出そう

「できる」そう思うことが何よりも大切
背中押すよ"がんばれ"の声が味方に
えがおは君のためにある2.

眩しい朝焼け 高鳴るよ鼓動
さえずる鳥たち羽ばたいて
靴ひも結び深呼吸した
素晴らしい今日という晴れの日

瞳を閉じてふるさと想うとき
みんなの明るい顔が浮かんだよ
決して一人じゃないと感じられたら
強さに変わった

"希望"胸にどこまでも走って行こう

夢を失くさないことが何よりも大切
花が咲くよ 瀬戸内の海が教える
未来は君のなかにある

海の香る風はやさしく吹くよ
みんなの髪をなでるように そっと
誰の心にもいつか虹が架かる
ゴールがあるから

勇気だして怖がらずに踏み出そう
「できる」そう思うことが何よりも大切
背中押すよ"がんばれ"の声が味方に
えがおは君のためにある

スポンサードリンク


「できる」そう思うことが何よりも大切

「できる」そう思うことが何よりも大切というフレーズ。

できると強く思うことで、明日へのやる気に繋がります。

空を見上げて明日を想うとき、自分を信じられずにうつむいた。

知らず流した涙のその先に、答えをみつけた。

人生いろいろなことがあります。

今の自分に自信を持てないことも、現実が辛くて泣くこともあります。

しかし、落ち込んで泣いて苦しんだ先に、答えがある!

まさに人生を、自分を勇気付けている歌詞です。

背中押すよ「がんばれ」の声が味方に、えがおは君のためにある。

一人じゃない、多くの人が応援してくれているんだよ、人生は1人ではないんだからと教えてくれてます。

愛媛国体2017イメージソングの歌詞は、全てが嫌になった時に、元気にさせてくれます。

愛媛国体2017のイメージソングの歌詞は誰が作ったの?

愛媛国体2017のイメージソングの歌詞は、篠原 勲さん(愛媛県松山市在住)が作成しました。

見た目とは違い、なかなかいい歌詞を作られますね。

まとめ

人生に辛くなったり、落ち込んだ時に、良い歌詞が元気づけてくれます。

そんな歌詞の一つに、この愛媛国体のイメージソングはピッタリです。

良い歌詞で、明日の元気をもらいましょう。

>> 愛媛国体イメージソング

シェアしていただけると助かります。

 - えひめ国体, やる気, 落ち込んだ時